案外知らない!?不動産賃貸業の確定申告あれこれ

実は簡単にできる確定申告

不動産賃貸業をはじめとする自営業にとって、確定申告は非常に重要です。1年の税金が確定するだけでなく、場合によっては1年間の収支や利益などを知ることができる重要な時期です。そのため多くの計算をせねばならず、苦手意識を持っている人も多いですが、実は確定申告は制度を理解することで簡単に行うことができます。そのためにもまずはしっかりと日々の収支の計算や領収書の整理、帳簿チェックなどを行っておかねばなりません。

不動産賃貸業が利用できる制度

不動産賃貸業が確定申告の際に利用できる制度として、青色申告特別控除があります。これは特定の処理を行うことで、10万円か65万円の控除を受けることが可能となる制度です。このうち10万円の方はしっかりと帳簿作成などを行うことで簡単に受けることができますが、65万円の方は賃貸物件を5棟もしくは10室以上保有しており、更には会計ソフトなどを利用して計算書なども正しく作成する必要があります。そのため場合によっては税理士などに依頼し、控除を受けるのも一つの手です。

資産の処理は正しく行う

リフォームをはじめとする大規模な修繕を行った際にも注意しておかねばなりません。工事によっては資本的支出と呼ばれるものに該当し、一括で経費処理が行えない場合もあるためです。これらに該当するかどうかは国税庁のホームページにフローチャートが掲載されており、それでも難しい場合は税理士や税務署に尋ねることで判断を仰ぐことも可能です。不動産賃貸業は部屋の家賃や建物管理などがあり、確定申告が難しいと感じる人は多いです。ですが実際はしっかり制度を理解し、日々の処理を正しく行っておくことで簡単に申告が行えます。申告時期に慌てないためにも、しっかり処理を行っておくことが重要です。

帯広の賃貸マンションは、防犯性も抜群で、強度もあるので、安全性に関して言うことなしに抜群に良いです。