知らなかった!家賃は交渉次第で値引きすることも出来る

家賃は値引きすることも可能

物を買うときに値引きして貰うのは、なかなか気が引けるという人も多いかも知れませんが、少しでも出費を節約したいと考えている人は、思い切って家賃の値引き交渉を行ってみるのもよいでしょう。なぜなら大家さんの側にしても、出来るだけ空き室の状態(家賃収入が無い状態)は避けたいという気持ちがあるため、お互いの条件が合えば家賃の値引きが可能な場合があるからです。ただし交渉をするときは、値引きが可能なら借りるということを前提にして行わないと相手に失礼なので、注意すべきでしょう。

値引き交渉がしやすい物件とは

ただし、どのような物件でも家賃の値下げが可能なわけではなく、新築などの人気物件は借り手も多いため交渉が難しいと言えます。一方で値引き交渉がしやすい物件としては、築年数が古いなどの、一般的に考えてマイナス要因のある物件などが狙い目だと言われています。ほかにもエアコンが付いていないことや、バストイレが一緒であること、そして駅から遠いことなども値引き交渉の材料になると言えるでしょう。また、長期間空き室になっているような物件も狙い目だと言えます。

家賃以外に値引き出来るもの

値引きは、家賃以外にも礼金や仲介手数料をゼロにして貰ったり、または1ヶ月分の家賃をタダにして貰う(フリーレント)という方法もあります。1年間や2年間など、比較的短期間だけ住む予定にしている場合は、家賃以外のものを値引きして貰ったほうが得になる場合があります。ただし敷金については、礼金や仲介手数料のようにただ支払って終わりというものとは性質が違うため注意が必要です。仮に敷金をゼロにして貰えたとしても、退去後に部屋の修繕費などを請求される可能性があるからです。

札幌市東区の賃貸を利用したい時には、それぞれの地域で長年にわたる実績のある業者にお世話になることが有効です。