賃貸経営で収益をアップするためにはどうすれば良いの?借り手目線の経営が必要です

借り手がすぐに付く賃貸物件

アパートやマンションなど賃貸物件を持っているけれどなかなか部屋が埋まらなくて困っているという大家さんもいるかもしれません。賃貸物件は利便性の高いところほど有利です。駅から徒歩5分以内の物件などはすぐに借り手が現れるでしょう。また、南向きで日当たりと通風の良い物件も人気があります。ただ、今持っている物件の立地や向きを変えることはできません。このため、部屋を埋めるためには内部の設備を変える必要があります。

水回りの設備が古くなっていませんか

トイレやお風呂、洗面台、キッチンといった水回りはよく使うため消耗が激しいです。水回りの設備が汚れていたり老朽化していたりすると内覧のときにあまり良い印象を与えられません。古くなった水回りの設備を取り替えると借り手が付くかもしれませんよ。もっとも家賃が安い場合は設備にお金をかけても回収できない恐れもあります。トータルで見てプラスになるかどうか考えた上で改修したほうが良いでしょう。なお、ウォッシュレットはそれほどお金と手間をかけずに設置することが可能です。あまりお金をかけられないときはとりあえずウォッシュレットを設置してみるのもおすすめです。

改造可能な物件も実は人気があります

古くなった物件でも壁の塗替えなどの簡単な改造を認めると意外に人気が出ることがあります。借り手としてはある程度好きな風にカスタマイズできるので、一般の賃貸物件を借りるよりメリットがあるからです。なかなか借り手が現れないときは思い切って改造可能な物件にしてみるのも良いかもしれませんよ。ただし、後日トラブルになると困りますから改造の範囲や退去時の原状回復などの条件についてはしっかり契約書にまとめておきましょう。

旭川市の賃貸マンションは、訪問者が来たときにモニター越しから訪問者の顔を確認できるテレビモニター付きのインターホンが取り付けられています。