初心者さん必見!賃貸選びで気を付けたいポイント3つ

不動産屋への飛び込みは控えること

自分が希望する条件が決まったら、物件を直接見に行くことになりますよね。でも、希望エリア内の不動産会社へ飛び込みで訪問することは、極力避けた方が無難ですよ。というのは、もしもその店舗に別の用事が入っていると、きちんとした対応をしてもらえない場合もあり得るからです。また、希望に沿うような物件がないと、来店後に物件を調べることになるため、時間もかかってしまいます。不動産屋を訪れる際は、事前に不動産屋へ連絡しておくのがお勧めです。

物件を探してから引越すまで期間はどのくらい?

一般的に、物件を確定したら、1ヶ月後までを目安に引越しをすると良いでしょう。新築物件のように人気のものは除いて、物件の申込が済んで審査が通れば、契約が開始されるまでの1ヶ月程度なら、家主および業者にも待ってもらうことができる物件は多いです。その間、契約することを前提にして、賃貸物件を押さえておいてもらえます。契約自体はまだ開始してはいないので、入居することはできませんが、この間に引っ越し準備を進めれば良いのです。

引越しは早すぎてもダメ?

賃貸アパートやマンションの場合、申込の後に審査が行われ、それが通ると契約書類を適宜準備し、契約に至ります。つまり、料金さえ支払えば宿泊ができるホテルとは異なり、今日や明日という引越しは一般的には不可能です。あまりに引越しを急いでいるような来店者に対しては、不動産屋も不信感を抱くことがありますので、部屋探しをする際には気を付けましょう。ただし、赴任先が急遽決まって引越しを急ぐケースもありますので、その際には身元をしっかりと証明できるように準備しておく方が賢明です。

札幌市白石区の賃貸マンションと同じ敷地内には、子供が遊べる公園があるので、子供にも嬉しい環境となる賃貸マンションです。

知らなかった!家賃は交渉次第で値引きすることも出来る

家賃は値引きすることも可能

物を買うときに値引きして貰うのは、なかなか気が引けるという人も多いかも知れませんが、少しでも出費を節約したいと考えている人は、思い切って家賃の値引き交渉を行ってみるのもよいでしょう。なぜなら大家さんの側にしても、出来るだけ空き室の状態(家賃収入が無い状態)は避けたいという気持ちがあるため、お互いの条件が合えば家賃の値引きが可能な場合があるからです。ただし交渉をするときは、値引きが可能なら借りるということを前提にして行わないと相手に失礼なので、注意すべきでしょう。

値引き交渉がしやすい物件とは

ただし、どのような物件でも家賃の値下げが可能なわけではなく、新築などの人気物件は借り手も多いため交渉が難しいと言えます。一方で値引き交渉がしやすい物件としては、築年数が古いなどの、一般的に考えてマイナス要因のある物件などが狙い目だと言われています。ほかにもエアコンが付いていないことや、バストイレが一緒であること、そして駅から遠いことなども値引き交渉の材料になると言えるでしょう。また、長期間空き室になっているような物件も狙い目だと言えます。

家賃以外に値引き出来るもの

値引きは、家賃以外にも礼金や仲介手数料をゼロにして貰ったり、または1ヶ月分の家賃をタダにして貰う(フリーレント)という方法もあります。1年間や2年間など、比較的短期間だけ住む予定にしている場合は、家賃以外のものを値引きして貰ったほうが得になる場合があります。ただし敷金については、礼金や仲介手数料のようにただ支払って終わりというものとは性質が違うため注意が必要です。仮に敷金をゼロにして貰えたとしても、退去後に部屋の修繕費などを請求される可能性があるからです。

札幌市東区の賃貸を利用したい時には、それぞれの地域で長年にわたる実績のある業者にお世話になることが有効です。

知っておきたい!賃貸情報に表記されている数字の意味

「平米」を分かりやすくイメージするための方法

賃貸情報には、よく「平米」や「畳」という表記があります。例えば、40平米の2DKに、6畳間が2つと7畳のDK(ダイニングキッチン)があるといった表記がなされている場合、6畳はイメージしやすくても、40平米についてはうまくイメージ出来ないという人も多いのではないでしょうか。しかし平米と畳をお互いに換算する便利な方法に「6畳=約10平米」という換算式があります。つまり40平米の場合は、6畳間4つ分だと考えれば、広さをイメージしやすくなるということです。

「徒歩何分」の実際の距離とは

賃貸情報には、駅まで徒歩何分という表記がよくあります。通勤通学をする上で欠かせない情報ですが、その具体的な距離がどれぐらいなのかを知らない人も多いのではないでしょうか。この「徒歩何分」という表記は、「80m=1分」という決まりに従ったものであり、物件を探す上での一つの目安として役立つものだと言えるでしょう。しかし実際には、その地域の状況や時間帯、そして本人の状態などによって目的地までの時間は変わることもあるため、部屋探しの際は実際に歩いて確認することも必要だと言えるでしょう。

築年数によって家賃も変わる

賃貸情報には、その物件がどれくらい新しいか、または古いかを示す「築年数」という表記があります。特に新築や新しい物件を探している人にとっては気になる情報ではないでしょうか。一般的な傾向としては、築年数が古いほど家賃が安くなることが知られており、新築と比較した場合、築20年のものは約1割安く、築30年のものは約2割安くなると言われています。なのでより安い物件を探している人にとっても、家賃相場を把握する上での1つの目安になると言えるでしょう。

札幌の賃貸マンションが人気の理由として、立地が優れていることや、契約期間が長めに設定できることが挙げられます。

賃貸生活の楽しみを考えることによって様々なことが

賃貸での楽しみを考えること

賃貸生活では様々な楽しみがあります。リビングの窓から景色を眺めることも楽しいこととなります。季節によって風景は異なります。季節の変化を感じることも、賃貸生活において大切なこととなります。リビングでは日向ぼっこをすることもできます。住まいの中にリラックスできる空間があることはとても大切なこととなります。書斎では情報処理を上手く行う必要もあります。実務的な空間とリラックスする空間のバランスはとても大切になります。

充実した時間を過ごす

賃貸では充実した時間を過ごす必要もあります。充実した時間を過ごすには、様々な目標を立てると効果的なこともあります。様々な運動メニューを考えることは、とても大切なこととなります。そうしたメニューをこなすことで、体力を付けることもできます。目標を立ててそれを達成することで、様々な満足感を得ることもできます。小さな目標を立ててそれを達成することを繰り返すことで、大きな目標を達成することも可能となってきます。

様々なプランを立てることで

賃貸での生活を楽しむには、様々なプランを立てることが重要になります。季節のレジャーはその季節を思い切り楽しむ有益な手段ともなります。レジャーに必要な道具をどのように調達してどのようにレジャーを楽しむかを考えることは、とても楽しいことでもあります。季節のレジャー用品の収納が便利ですと、レジャーをとても楽しむことができます。収納が良いと、空間に余裕ができます。場所をとらない収納が可能になることで、レジャーを楽しむ環境を作ることができます。

賃貸を探す時は家賃は安いか、築年数はどのくらいか、駅から何分か、間取りはどうかといったいくつかの項目の希望を明確にすることが大切です。

ヴィンテージマンション?古くても人気のマンションとは!

管理体制がよく、住人が満足していること

築30年以上経ったマンションに住みたいですか。古いマンションの中にもヴィンテージマンションと呼ばれているものがありますよ。古くても人気が落ちない、値段が下がらないマンションがあるのです。その魅力のひとつに管理体制がとてもよいことがあげられます。古いことが価値を生み出すような、人が住みたいと思うマンション、それは管理がしっかりしていないといけないのです。このようなマンションは住人の満足度が高く、ずっと住み続けたいと思うために、なかなか売りにでません。

周辺の環境がよいこと

マンション周辺の環境が良いと、土地の価値が下がりません。結果値段が下がらないことが多く、築年数が経っていても、場合によっては値段が上がることもありますよ。都市部での人気のヴィンテージマンションは、都会にあるのにも関わらず緑豊かな環境であったり、地域のランドマーク的な建物が近隣にあったり、人を惹きつける環境なのです。マンションの資産価値は、物件の価値だけでなく、周辺の住環境にも左右されることがあるのです。

交通アクセスに優れていること

マンションの管理体制がよく、建物の住み心地がよいことと、周辺環境の良し悪しが資産価値に大きな影響を及ぼします。ヴィンテージマンションと呼ばれるためには、他にはどのような条件が揃っていなければいけないのでしょうか。最後に外せないのは交通アクセスが便利だということです。複数の鉄道が徒歩圏内で利用できることも重要です。これら全ての条件が揃っていれば、ヴィンテージマンションと呼ばれる可能性が高いかもしれませんね。

函館のマンションを探すには専門サイトや情報誌を利用しましょう。希望する地域や条件を入力して調べると、希望条件にあったマンションを見つけることが出来ます。

キッチンリフォームを検討している方必見!失敗しないリフォームのポイント

使う事をイメージした設計にする

キッチンリフォームの醍醐味は、デザインを一新する事が出来たり最新の設備を取り入れる事が出来るといった点ですよね。しかし、デザインや設備を重視し過ぎると使いづらいキッチンになってしまう事もあります。リフォームをする際には、スムーズに作業をする事が出来る効率の良さ等の使いやすさを重視する事が最も大切となっているんですよ。その際に身長に合わせてキッチンの高さを決めておく事で腰に負担をかける事なく料理を楽しめる環境を作る事が出来ます。

収納は多めに確保する

キッチンリフォームで失敗した多くの方が見落としているのが、収納なんですよ。今あるキッチン用品を収納するだけの収納では将来的に足りなくなってしまいます。出産や両親との同居といった様々な理由で家族が増える機会は誰にでもありますよね。ライフスタイルが変わった時の事を考えて収納はなるべく多く確保しておくと良いでしょう。また、シンク周辺以外にも背面等のスペースも活用する事でさらに収納を増やす事も出来るんですよ。

設置場所とゴミの補完スペース

快適に使う事の出来るデザインやスペースの確保が出来たキッチンでも冷蔵庫等の家電を置く事を忘れてはいけません。今まで使用してきた家電をそのまま使用するのか、リフォームと同時に買い換えるのかもポイントとなっているんですよ。家電の設置場所は、料理をする1番立つ機会の多い箇所から1歩程度の場所が最適とされています。料理中に動き回りたくはありませんよね。また、家電の設置場所をせっかく決めたのにゴミ箱を忘れていたといった方も意外と多いんですよ。忘れる事のないようにしっかりと確認しましょう。

現在住んでいるマンションの老朽化が進んでいると思ったら、マンションリフォームを検討してみることをおすすめします。